Call Me Batavia #3-jp : 覇者犬 | 僕のオリジナル物語 [Japanese Version]

in #callmebatavia3 years ago (edited)

この物語は Call Me Batavia #3: Anjing Penguasa の日本語訳です。

みなさん、バタビアです。よろしく。僕はインドネシアに住んでいます。これは僕の物語。


Source: Pixabay, modified

覇者犬

犬は男の親友、言わずと知れた。でも猫よりいくつかの犬の ほう が無知です。ペットに適していますがいると番犬に適していますがいる。また、どちらもペットも番犬に不適当がいる。

僕の家に通じる道で一犬がいる。あの犬は吠えて噛むが嫌い。あの犬は通りの真ん中にあなたを見て「俺はこの道の征服者だ」と思って。あの犬は「ワワ」と いう。


Source: Pixabay

ある晩、とても曇っているので太陽がありませんで、僕と友達は帰宅でした。僕たちが回るとき、オートバイが路地から出た。あのオートバイの運転手が怒って。僕たちが止まってオートバイを通過させた。僕たちが道に入るとき、ブラック膝の高い物は道の真ん中に座た。いいえ、岩でも糞便でも動物ではない。ワワは道の真ん中に座りながら彼の大きくて丸い目で僕じろじろと見た。あの犬の近く女性は「行こう 行こう」って。でもワワは影響を受けない。私は彼の重大さのためにそこに立っていた、または動揺し続ける彼の忍耐のために敬礼に混乱していた。

ワワは可笑しい習慣がある。通常、犬は見知らぬ人や注意を捜すときに吠えた。ワワはない。ワワは僕を通過させますが、僕の友達は樹皮を取得すた。もちろん、友達は恐れた。僕は「ワワを過ぎて歩いていた。ワワは噛まない」と言う。文字通りすべての樹皮と噛まない。

ある真夜中にワワは僕の家の前で大声で吠えた。母親は起きまし、何が起こったのかを確認した。ワワは夜には吠えないので、深刻なことがなければならない。しかし、チェックしたとき、彼は...風を吠えた。家の周りには誰も何も可笑しい物はなかった。家と隣の家だけがありました。多分犬の脳が損傷しているか、彼はあまりにも多くの想像力を持っています。

@batavia


Source: Pixabay


If you like my writing, please upvote and restem this post. I would love if you follow me @batavia.


Other Stories

Sort:  

Upvote the blog posts at @bible.com

Congratulations @batavia! You have completed some achievement on Steemit and have been rewarded with new badge(s) :

You got your First payout

Click on the badge to view your Board of Honor.
If you no longer want to receive notifications, reply to this comment with the word STOP

Do not miss the last post from @steemitboard!


Participate in the SteemitBoard World Cup Contest!
Collect World Cup badges and win free SBD
Support the Gold Sponsors of the contest: @good-karma and @lukestokes


Do you like SteemitBoard's project? Then Vote for its witness and get one more award!